イシミーバイ(カンモンハタ)

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

沖縄の魚図鑑
この記事は約2分で読めます。

イシミーバイ 説明

イシミーバイ(和名:カンモンハタ)
沖縄のアイドル魚 イシミーちゃん
ぶち模様がトレードマーク
沖縄で一度は釣ってみたい魚のひとつ

水深の浅いリーフなどでよく釣れる小型のハタ
平均は約20cm前後、最大で30cmほどになる
季節に関係なく、貪欲に食ってきてくれるのでルアーフッシングの動画などでよく釣れている姿をみることができる
根魚は成長が遅いため、一時期は個体数が減少していると話題になった
釣り動画ではほとんどリリースされている

イシミーバイ 釣果

場所 :浦添市 カーミージー ウェーディング
日時 :2023年7月1日(土) 11時ごろ
潮 :大潮 下げ潮 干潮1時間前

タックル情報

ロッド:ダイソー ルアーロッド 210cm
リール:ダイワ レガリスLT 3000-CXH
ライン:メーカ不明 PE 0.8号
リーダー:ゴーセン(GOSEN) ルーツ FCリーダーN 20lb (5号)
ルアー: DAIWA クルセイダー 激アツソルト(7g) 

場所 :那覇市 とまりん
日時 :2023年11月5(日)16時30分ごろ
潮 :小潮 下げ潮

タックル情報

ロッド、リール:シマノ シエナコンボS86ML(リールは2500番)
ライン:シーガー(Seaguar) シーガー PE X8 1.2号
リーダー:ゴーセン(GOSEN) ルーツ FCリーダーN 20lb (5号)
ルアー: ダイソー ソルト用ジグヘッド & ダイソー シャッドテールワーム(72mm)

イシミーバイ 食べ方

まだ持ち帰りして調理したことはないが、魚汁(みそ汁)で食べてみたい

イシミーバイ 関連

コメント

タイトルとURLをコピーしました